2013年6月アーカイブ

先日完了した施工現場です。築15年の某ハウスメーカーの立派なお家です。外壁も屋根も素材自体は非常に良いものを使われています。しかし表面の防水は数年前に切れている状態の為、外壁は汚れが付きやすく、屋根はコケ・カビで全体がおおわれていました。まずは水洗いで表面のお掃除・・特に屋根は時間を掛けてキッチリ洗いました。後は・・・いつも通りキッチリ塗り込み完成!!!(笑) 素敵なお家に生まれ変わりました。

施工前 → 施工後

五味邸001.JPG五味邸037.JPG

お庭が広く一階で干せるスペースがあれば洗濯物も干せますが・・・・基本的には工事期間中、洗濯物は外には干せません・・・室内にて干して頂くかたちになります。・・・大変な部分かもしれませんが・・・お家を守る為、きれいなお家に生まれ変わる為、ご協力よろしくお願いします!!

基本的には通常の生活をして頂いて問題ありません。外出も問題ありません。もちろん共働きで週末しかお家にいられなくてもかまいません。塗装工事は常に外での作業です、トイレもコンビニなり、公園を利用しますのでまったく問題ありません。しかし、出来ましたら着工する時のご挨拶、責任者の紹介と最後完了の時だけは時間をつくって頂けたらと思います。(笑)

リフォーム石井では足場を組む工事(塗装・屋根の吹き替え・サイディング貼り等)では雨樋の点検・清掃をセットで考えています。特に裏に山がある様なお家は雨樋が詰まっているお家が多いです。それをそのままほおっておくと予想外の部分が傷んだり、予想外の雨漏りにつながります。大事なお家を守る為、大事な事ですよー!!

簡単に言うと外壁を指でさーとなぞる様に触った時、指の表面に色が付く(白い壁であれば白)減少の事を言います。防水効果がある状態では指は白くなりません。なぜそうなるかと言うと長年風雨・太陽光にさらされ表面の塗膜が劣化し粉状になりまるからです。またその状態の外壁は下地が水を吸いやすくなっている為、すぐには問題が無くともいずれは雨漏りの原因になりかねません!!塗装は傷んだ下地を元に戻せるわけではありません!!それ以上傷ませない為保護です!!!早めの点検をしましょう!!!

 

ウッドデッキは風雨に常にさらされている場合が多いです。基本は木(※樹脂系の物は別)で出来ている為、建物と違い非常に傷みやすいです。出来れば2・3年に一度は塗ってあげたい部分です。しかしそんなペースで職人さんにお願いしていたら大変です!基本的にはご自分で塗っちゃいましょう!!

①用意する物・・・キシラデコール(一番一般的)・サンドペーパー・軍手・マスキングテープ・養生テープ・ハケ・バケツ等

②作業・・・状況によりますが、塗料が飛びそうな所にテープ・養生をする。サンドベーパーで表面を擦る。キシラデコールを2・3回塗り込む。以上です、詳しいやり方は検索でも出ますし必要でしたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ご自分でやってみるのもなかなか面白いですよ!(笑) ホントに丁寧にやっておくと長持ちしますよ!!

築年数が7・8年を越えてくると外壁面のひび割れが出て来る事が多々あります。本来であればその時点で外壁塗装をやった方がいいのですが・・・(笑)・・・しかしそのご家庭によって様々なご事情があります。このまましばらくほっとくのも雨漏れしたら大変だし・・・ひび割れ箇所にとりあえず自分でシーリング(コーキング)を打つ!なんて事もあると思います。※本来は状況によりやらない方がいい場合もありますが・・・

もしやる場合はシーリング(コーキング)の種類に気を付けて下さい。いろいろ種類が出てはいますが、①その上から塗装できるタイプ ②シーリング汚染の出ないタイプ を店員さんに確認してから、ご購入して下さい。又ご心配な方はいつでもお気軽にご連絡下さい!!

本日完了した施工現場です。築10年以上経過していて外壁のソフトリシンはかなり劣化している部分もありました。北面のコケ・カビ、クラックは年数なりに出ていました。かなり表面はカラッカラの状態の為、下塗りをガッチリ入れさせた頂きました。又、屋根も全体的にコケが凄く、水洗いで圧力をかけてコケ・旧塗膜をキッチリ除去、屋根は下地処理が一番大事になります。長持ちする様に気持ちを入れて施工させて頂きました。

ツートンカラーの素敵なお家に生まれ変わりました!!!

お客様は本当に素敵な奥様で、職人もかなり気持ち良く現場を進める事が出来ました。本当にありがとうございました。(笑)

施工前 → 施工後

026.JPG186.JPG

リフォーム石井

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about