ひび割れ箇所のシーリング処理について・・・

| コメント(0)

築年数が7・8年を越えてくると外壁面のひび割れが出て来る事が多々あります。本来であればその時点で外壁塗装をやった方がいいのですが・・・(笑)・・・しかしそのご家庭によって様々なご事情があります。このまましばらくほっとくのも雨漏れしたら大変だし・・・ひび割れ箇所にとりあえず自分でシーリング(コーキング)を打つ!なんて事もあると思います。※本来は状況によりやらない方がいい場合もありますが・・・

もしやる場合はシーリング(コーキング)の種類に気を付けて下さい。いろいろ種類が出てはいますが、①その上から塗装できるタイプ ②シーリング汚染の出ないタイプ を店員さんに確認してから、ご購入して下さい。又ご心配な方はいつでもお気軽にご連絡下さい!!

コメントする

リフォーム石井

このブログ記事について

このページは、ishiiが2013年6月11日 13:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「横浜市港南区 S邸 外壁・屋根塗装工事」です。

次のブログ記事は「ウッドデッキのお手入れについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • about